(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

副業が日本社会でも徐々に認められるようになった昨今では、株式や不動産投資に対する見方も変化してきています。老後の資金を蓄積させておくために、一つの会社から得られる給料だけでは足りないという心配もあります。投資は労働をすることなくお金に働いてもらえるため、個人の収益を複数以上から得られるという利点があります。経済が順調に成長している間は投資が最も有効な資産の形成と保護になったのです。

きちんとした情報を集めて参考にしておけば、投資が何よりも安全なモノになるという神話へと変化していったのです。しかし、その神話もコロナウイルスの猛威によって、もろくも崩れ去りました。リーマンショックと言われる金融ショックから約10年後でした。投資の年間金利を10%だったとしましょう。1000万円を投資して、10万円という計算になります。10年かけて、やっと100万円が収益となる計算です。投資にはかなりの時間を賭けてはじめて、利益が出るのです。この程度のお金であれば、アルバイトでも1年間で稼ぐことが出来ます。しかも、株式の場合は今回のコロナショックの様に大暴落をしてしまえば、一瞬でマイナスにまでなってしまうのです。

10年に一度は株価は暴落するという法則

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

実は投資家の間では有名な説なのですが、株価の暴落は約10年おきにやってきます。直近のコロナショックの前は、記憶に新しい2011年の東日本大震災、2008年のリーマンショック、2001年の同時多発テロなどです。どの事件や災害も予測できることでは無いものの、約10年周期で起こっていることは確かです。もしもこの法則がきっちり10年おきに起こると仮定すると、10%の利回りでは1000万円を投資して10年で100万円しか稼げないということになるのです。

したがって、一般的な会社員にとって、株式投資では老後の資金を貯めることなど出来るはずもなく、破産のリスクさえ持っているのです。株価は経済が安定している時以外は不安定な資産運用なのです。富裕層ではない人が、株式投資でお金を稼ぐことは非常に難しいと言えます。

ロト6・ロト7・ミニロトの当選金額はコンスタントに上がっている

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

一方で公営ギャンブルである、ロト6・ロト7・ミニロトなどは堅実な投資と言えるのでしょうか。ロト6・ロト7・ミニロトは1口200円からと非常に安く購入できる上に、当せんすれば数億円を手に入れるという非常に大きく稼ぐことが出来ます。しかも、年々数字選択式の宝くじは人気が上昇しており、不況の時代でもコンスタントに売り上げが上がっているのです。

数字選択式のくじは数字の抽せんで行うため、競馬やジャンボ宝くじの様に人気が高くなることで当せんの確率が低くなるということはなく一定に保たれています。しかも、ロト6とロト7に関しては、キャリーオーバーの制度も用意されているので回収率は人気が出ればそれだけ上昇していきます。日本国内では法律によって、払い出しの上限が決まっているため現在では1口で最高10億円までとなっています。しかし、この上限金額も年々上昇しているのです。数字選択式の宝くじは当選確率が変動することなく当選金額が上昇しているため、株式などへの投資よりも固い稼ぎ方なのです。

ロト6・ロト7・ミニロトは暴落することはない

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

それでは、ロト6・ロト7・ミニロトが株式の様に暴落することはあり得るのでしょうか?結論から言うと、ロト6・ロト7・ミニロトが暴落するということはあり得ません。金融市場と異なりルールが厳格に決められており、購入金額や払い戻し金額が変更になることはありません。さらに、証券取引の様に銀行や証券会社は日本国家よりも弱い立場にありますし、経済力も劣ります。

宝くじは地方公共団体や日本政府が関わっているため、たとえ株式市場が乱れても存続していくのです。もちろん、戦争などが起こって日本国家が無くなってしまうようなことがあれば、宝くじ自体が廃止になることはあるでしょう。しかし、そんなことになれば、日本に住む人々全員が持ち金0円という状態になってしまうのです。つまり、よほどのことがない限りロト6・ロト7・ミニロトに暴落はあり得ないのです。

リスクを最小限にリターンを最大限に!

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

投資の基本はリスクを最小限にして、リターンを最大限にすることです。異なった言い方をすれば、安く買って高く売る。あるいは安く買って、高く勝つのが鉄則です。もちろん、数字選択式のロト6やロト7は当選確率が低く、「そんなに簡単に当たらないのではないか?」という意見も聞こえてきます。もちろん、確率的にはかなり天文学的な数字となっています。

しかし、そんな中でも数回にわたって高額当選をしているい人がいます。そういった人々はどのような方法で当てているのでしょうか。それは、きちんとした情報を元に数字の流れを読み、予想をしているからです。数字選択式の宝くじにとって「情報は王様」です。情報に対してアンテナを張っておくことで、より当たりに近づけることが出来るのです。

ロトを初めてやる人や初心者の人はほとんど当てることが出来ないと思いがちです。そういった人々は、経験豊富な熟練者から情報をもらえばよいのです。例えば、この記事の筆者がおすすめのロトの情報サイトであれば、初心者でも当せんが出来るようなアドバイスを受けることが可能です。もしも、ロトを当てて一攫千金を目指したいのであれば、ミリオンホープに相談してみましょう。

今なら、このブログを通して会員登録にエントリーすれば、入会金が無料になります。ただし、入会金の無料のキャンペーンは先着順となります。もしも、登録を希望するのであれば早めに登録の申請をしていただくことをおすすめします。

ミリオンホープ公式ホームページ