【3連バラ】年末ジャンボ宝くじで10億円狙える⁉


年末が近づくにつれて毎年盛り上がる話題が「年末ジャンボ宝くじ」だ。

年末ジャンボ宝くじは、1等前後賞合わせて最高10億円という豪華賞金が魅力のイベント宝くじ。一方、「年末ジャンボミニ」は、1等の3000万円が60本(前後賞を合わせると5000万円)が当たるチャンスがある。

価格はどちらも1枚300円で、全国の宝くじ売り場、ならびに宝くじ公式サイトで購入可能。

ジャンボ宝くじの主な買い方として「連番」と「バラ」があるのは知っているだろう。

それぞれのメリットを考えると、連番は前後賞が狙えるため、より大きな賞金が期待できる。

一方のバラは、一枚ずつ番号を調べる。販売員の話では、大型のジャンボでは連番を、ミニではバラを希望する人が多く、さらに「連番10枚とバラ20枚」といった買い方の組み合わせも目立つという。

そんな「連番」と「バラ」の両方を兼ね備えた買い方として存在するのが「3連バラ」だ。

これはあらかじめ、バラ10枚が3セットで計30枚の構成になっている。この30枚を並べ替えると、連番3枚が10セットできあがるという仕組み。そのため「バラ」にもかかわらず、前後賞を合わせた10億円が当たる可能性がある、というわけだ。

この「3連バラ」は、売り場でも公式サイトでも簡単に購入できるので、まだ試したことがない方は是非この機会に試してみてはいかがだろうか。

 

【注意喚起】知らない番号からの“宝くじの当せん番号を教える”に注意!


別のコラム内でも解説したが、アンケート調査を装った「宝くじの当選番号を教える」という詐欺事件がさらに多発しているようだ。

詐欺グループは、さまざまな口実を考え出しては被害者を信じ込ませ、現金をだまし取ろうとします。

断言するが、銀行員などが電話で宝くじの当選番号を教えるようなことは絶対にない。

※そのような内容の電話がかかってきたらすぐに切り、家族や警察に相談してください

わたしは大丈夫と思っていても、ひょんなことから騙されてしまう方も多い。

皆さんも引き続き細心の注意を払って欲しいと思う。

 

 |