メキシコ麻薬王の「家」が宝くじの賞品!?

メキシコ, 国旗, メキシコ人, 全国, 国家, 国, シンボル, サイン

北中米の国、メキシコにてユニークなニュースが話題を呼んだ。

世界的にも有名な悪名高きメキシコの麻薬王「エル・チャポ」の隠れ家が宝くじの賞品になるという少し面白いニュースを発見した。

宝くじの当せん者には麻薬王「エル・チャポ」の隠れ家をプレゼントするといった珍しい事例だ。

メキシコにおけるこのようなニュースは今回が初めてではなく、メキシコ当局は2020年にもこの「エル・チャポの家」を競売にかけたが買い手がつかなかった、というケースがあったそうだ。

メキシコの麻薬王「ホアキン・エル・チャポ・グスマン」は、メキシコの海兵隊が2014年にこの隠れ家を襲撃し、エル・チャポはトンネルを通って脱出したが、数日後に捕まった。
※エル・チャポは最終的に2016年1月、故郷のシナロア州にあるロス・モチスで身柄を確保された。2017年1月にはアメリカに送還され、2019年7月に終身刑の判決を受けた

2014年2月、当時麻薬密売・密輸組織のシナロア・カルテル(Sinaloa cartel)の最高幹部だったグスマンも、メキシコのクリアカンのに潜伏していると言われていたが、当局の追跡を逃れ、トンネルや運河を通って逃亡したが数日後に逮捕された。

このニュースを発見して筆者がおもしろいと感じたのが、メキシコのウェブサイト上では、この家がエル・チャポの隠れ家であったことには一切触れておらず「クリアカンの家」としか記載されていない。

この「エル・チャポの家であったと隠している点」がなんともおもしろく、本気ではやく売りに出したいのであろうと感じる筆者であった。

また、2021年6月にこの賞品(エル・チャポの家)について明らかにしたメキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領も、この家の歴史については多くを語らなかった。

この家の特徴についてオブラドール大統領は「黒いフェンスがあり、公園から7分のところにある」とだけ述べ、悪名高い麻薬王については言及しなかったという。
なんともおもしろい国だメキシコは。
国を代表している大統領が隠そうとするのだから相当なのだろう。

しかし結果は報われず、2020年にこの家を約13万ドル(約1420万円)で競売にかけたが、買い手は見つからなかったと報じている。

なお、宝くじの抽選会はメキシコの独立記念日の前日の2021年9月15日に行われたが、当せん者の身元は明らかにされていない。

はたして世界有数の麻薬王エル・チャポの家には、この先どんな人が住み着くのか。それとも居住者が見つからないまま時間だけが過ぎていくのか、注目したいところだ。

【注意喚起】知らない番号からの“宝くじの当選番号を教える”に注意!


別のコラム内でも解説したが、アンケート調査を装った「宝くじの当選番号を教える」という詐欺事件がさらに多発しているようだ。

詐欺グループは、さまざまな口実を考え出しては被害者を信じ込ませ、現金をだまし取ろうとします。

断言するが、銀行員などが電話で宝くじの当選番号を教えるようなことは絶対にない。

※そのような内容の電話がかかってきたらすぐに切り、家族や警察に相談してください


わたしは大丈夫と思っていても、ひょんなことから騙されてしまう方も多い。


皆さんも引き続き細心の注意を払って欲しいと思う。