宝くじで41億円を当せんした50代女性が死亡した状態で発見

少し暗いニュースを届けるようだが、宝くじに興味を持つ人すべてに読んでいただきたい内容でもある。

イギリスで約41億円の宝くじに当せんした50代の女性が死亡した状態で発見された。 今月2日(現地時間)、英国のデイリーメールなどの現地メディアはこの日、マーガレット・ラフレイ(56)さんが自宅で死亡した状態で発見されたと報道した。

地元警察はこの日午前、ラフレイさんの死亡通報を受けて出動した。救急車が到着したとき、すでに彼女は死亡した状態だったという。警察は「解剖が行われる予定だが、彼女の死のに疑わしい状況は見られなかった」と伝えた。

ラフレイさんは2013年に「ユーロミリオンズ」という宝くじに当せんしていた。

当時、彼女は週に58ポンド(約8,800円)ほどの福祉費を受けて生計を立てていたが、雇用センターから家に帰る途中でたまたま購入した宝くじが当せんし、約2700万ポンド(約41億708万円)の賞金を獲得した。

彼女は宝くじ当せん直後、周りの人を助けようと決意し、当せん金の相当部分を地域社会のために使用した。

しかしその後、彼女自身の行動が一変する。2015年に彼女は酒を飲んでタクシー運転手を暴行した疑いで、150時間の社会奉仕命令を受けた。続いて2018年には、自分の思い通りに人を雇用し解雇したという容疑で3万ポンドの罰金を支払った。

彼女は2019年の取材で、通帳には500万ポンドだけ残っているが(当時)泥棒に標的にされたとメディアに話したこともある。 2019年に彼女の宝くじ当せんについて「地獄があるとしたら、私はそこにいた。そのくらい最悪だった」と述べた。

彼女は「人々が何百万ドルを盗んでいった」、「宝くじ当せんを後悔している」「私は幸せな人だったが、宝くじが私の人生をすべて破壊した」などとメディアに向けて伝えた。

良いも悪いも兼ね備えているのが「宝くじ」だということをしっかりと認識してもらいたいというのが本記事の意図だ。

宝くじを当てたとしても必ずしも幸せな人生が待ってるわけではない、ということを彼女は伝えたかったのだろうか。

【注意喚起】知らない番号からの“宝くじの当選番号を教える”に注意!

別のコラム内でも解説したが、アンケート調査を装った「宝くじの当選番号を教える」という詐欺事件がさらに多発しているようだ。

詐欺グループは、さまざまな口実を考え出しては被害者を信じ込ませ、現金をだまし取ろうとします。

断言するが、銀行員などが電話で宝くじの当選番号を教えるようなことは絶対にない。

※そのような内容の電話がかかってきたらすぐに切り、家族や警察に相談してください

わたしは大丈夫と思っていても、ひょんなことから騙されてしまう方も多い。

皆さんも引き続き細心の注意を払って欲しいと思う。

 |