(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

ギャンブルと株式投資は違うものと考えている人、または同じようなものだと考えている人はいませんか。実はこの両者は、似て非なるものです。リスクの点と回収率が両者の間ではまったく異なっているのです。株式や不動産への投資は破産に達するほどのリスクを伴う者のロトにはそこまでのリスクはありません。

むしろ、回収率が高いという点で株式や不動産よりも財産を築く可能性が高い投資です。この記事を読めば、ロトはリスクが低く安心して楽しみながら財産を築ける投資であると理解できるようになります。

ロト6・ロト7・ミニロトや株式投資には資産を失うリスクがある

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

株式投資や不動産投資、ロト6・ロト7・ミニロトには資産を失うリスクが存在しています。私たちが持っているお金はきちんとした方法で守っていかなければいけませんが、増やしていくことも重要です。企業で働く正社員から契約社員、パート・アルバイトに至るまで自分自身の時間と労働と引き換えに収入を得ています。そのため、いわゆる「金持ち」と言われる領域に達することはありません。なぜなら、私たちは全員が一人分しか働くことが出来ないからです。

つまり、個人が労働によって収入を最大化するにしても限界があるということです。それではお金持ちと言われている人々はどのようにお金を稼いでいるのでしょうか?その答えは一言でいえば「お金に働かせている」ということです。少し抽象的ですので、具体的に言うと投資による資産がお金を産んでいるということです。さらに具体的に言えば、投資とは「株式投資」や「不動産」などとなります。これらの「資産」が、労働をすることなくお金を産むことになるのです。さらにお金持ちの人々は、収入の窓口が一つではありません。

一般的な労働者は労働の対価を会社から受け取るだけで生計を立てています。収入の窓口は会社からの一つだけ。ここが一般的な人とお金持ちの違いなのです。つまり、お金持ちになる方法は、「資産」をつくり収入の窓口を複数以上にするということが近道となるのです。しかしながら、株式投資にしても不動産投資にもリスクはつきものです。実際にこれらの投資によって、破産をしてしまった人がいることは事実です。

数字選択式の宝くじである、ロト6・ロト7・ミニロトなどもはまってしまいギャンブル依存症のようになってしまえば、資産を失い破産することにつながります。どちらにしても、リスクはつきものなのです。しかし、このリスクを冒さなければ一生お金持ちの領域に達することはありません。お金持ちになるためには、どちらかのリスクをとるのか決定しなければいけません。

株式投資の回収率は予想できるがリターンが少ない

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

株式投資や不動産投資と数字選択式の宝くじの間には、どのような違いがあるのでしょうか?簡単に言ってしまうと、株式や不動産の回収率は一定程度の予想が可能であるということです。例えば、100万円分の利率が10%(株式投資でこの利率は破格)を取得している場合は年間でリターンは10万円です。10年間で100万円の利益となります。

しかしながら、株式の暴落はしばしばあるものの、暴騰するということはなかなかありません。ここで挙げた例は、金利が安定していた場合です。株の値段が一定であるということはあり得ません。したがって、株式投資はある一定の予想が可能なものの、暴騰した時にはかなりの負債を抱えてしまうリスクも持ち合わせているということなのです。

信用取引に失敗すると破産のリスクもある

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

株式投資はレバレッジを効かせて(信用取引)失敗してしまうと破産まで追い込まれます。株式投資はリターンを多く得るために、レバレッジを効かせて取引を行うことが多くあります。レバレッジの倍率を上げれば上げるほどリターンは大きくなりますが、当然、リスクも大きくなります。

この仕組みがあることで、株式投資で失敗した人が多くの負債を抱えてしまうことになり、最悪は破産まで追い込まれるという落とし穴なのです。株式投資は予想もしやすく利益を得やすいような言い方をする専門家もいますが、毎年のように破産をしていしまう人がいることを見過ごしてはいけません。

ロト6・ロト7・ミニロトのギャンブル依存のリスクは少ない

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

株式投資とは異なり、ロト6・ロト7・ミニロトはギャンブル依存のリスクがあります。株式投資と同様にロト6・ロト7・ミニロトにも破産のリスクは存在しています。それは、参加料金が少ないロト6・ロト7・ミニロトにはまってしまい全財産をつぎ込んでしまうということです。

ただし、ロト6・ロト7・ミニロトによって破産するリスクは少ないと言えます。その理由には2つあります。1つ目はかけ金が少ないということ。2つ目は射幸性が低いということ。この2つの理由に関しては以下で詳しく解説します。

ギャンブル依存症のリスクが少ない理由① ロトは1口の購入金額が少ない

ロトの中で最も1口の購入金額が高いロト7。1口の購入金額は300円になっています。もしも10口購入したとしても3,000円です。株式投資の場合は、1日で動く料金は個人投資家でも数百万から数千万になります。

機関投資家や一部の資産家になれば億単位、兆単位になったりもします。例えば、月給が20万円程の人でも週二回抽せんされるロト6を1回10口ずつ購入したとしても、1ヵ月で12,000円です。この程度の金額であれば、生活費を残しながら貯金に回すお金も捻出することが出来るでしょう。

ギャンブル依存症のリスクがない理由② ロトは他のギャンブルに比べて射幸性が低い

日本特有且つ公営のギャンブルであるパチンコ。一般的にはギャンブル依存症に陥りやすいということを専門家などから指摘されています。その内容は射幸性が高いため。パチンコが大当たりする確率は319分の1。ロト7が1等を獲る確率は約1千万分の1です。桁違いの幅があります。

つまり、ロトに比べてパチンコは大当たりを引きやすく、射幸心を煽りやすく出来ているのです。この仕組みこそが、パチンコやスロットの愛好者をギャンブル依存症にしてしまう原因なのです。ロトに関しては、そう簡単に高額当選をすることは出来ません。つまり、当せんの確率が低い分射幸心を煽りにくくギャンブル依存症に陥りにくい仕組みとなっているのです。

ロト6・ロト7・ミニロトは即破産のリスクがなく期待値は高い

(画像出典:https://pixabay.com/ja/)

これまで見てきたように、ロトにはギャンブル依存症のリスクは少なく破産に至る確率も低くなっています。定期的に購入するにしても、生活費を圧迫することもありません。しかし、ロトが当せんした時の金額はキャリーオーバーを含めれば10億円になることすらあります。10億円が見事的中すれば、税金がかかることもないためそっくりそのまま自分の者になります。普通のサラリーマンでも年収1,000万円は高給取りの水準です。

10億円を当てた場合、労働をすることなく彼らと同じ水準の生活を100年間継続させることが可能になるのです。こんなリスクもなく趣味として続けられてうまくいけば一攫千金のロトは、株式や不動産への投資よりもおすすめとなるのです。さらに、ロトには予想の方法もあり、経験を重ねたプロの予想屋から情報を得れば当せん確率もグッと上がります。

 

こういったロトの予想屋情報サイトには詐欺や悪質なものもあります。当サイトでは検証を重ねて良質な情報のみを提供してくれるサイトを紹介しています。素人でも使いやすい良質なサイトであり、安心して使うことが可能です。ロトは余剰資産で楽しみながら継続させていきましょう。