宝くじハズレ券の敗者復活戦?当せん者が賞品を受け取る方法は?賞品は一体なに?



宝くじの世界では換金を忘れられている当せん金が多いため、毎年9月2日を「宝くじの日」として、時効防止が呼びかけられている。当せん者が気付いてないことを想定した”注意喚起”みたいなものと考えればわかりやすいだろう。


また、過去1年間のハズレくじを対象に賞品が当たる「お楽しみ抽せん」も実施されており、こちらはいわば「宝くじハズレ券の敗者復活戦」のようなものだ。


今年も9月2日に「お楽しみ抽せん」の当せん番号が決定した。2020年9月1日から2021年8月31日までの1年間に抽せんが行われた宝くじの“ハズレくじ”にあたる下4桁「8560」が見事“復活”当せんとなった。

賞品には何が貰えるのか?


「お楽しみ抽せん」の当せん者は、

・コンパクト防災8点セット
・今治オリーブスクラブ タオルセット
・電子レンジ専用炊飯器
ちびくろちゃん
・フタ付スツールバケツ(オムニウッティS)
・ブランド米2種食べ比べセット(1kg×各1袋)

上記5品目の中から1品目を選択して受け取ることができる。食品や家電製品、生活用品などのラインナップであり、筆者的には「今治オリーブスクラブ タオルセット」が気になるところだ。

続いては、当せん者のそれぞれのパターンによる賞品の受け取り方法について解説しよう。

 

1.くじ券を持っている場合 


お楽しみ抽せんに当せんした宝くじ券だけを10月31日(当日消印有効)までに、指定された方法で郵送する。すると、3週間程度で上記の賞品カタログが送られてくるので、必要事項を記入して返送する。郵送先などの案内は、宝くじ公式サイトや、売り場のチラシなどでも確認できる。

 

2.宝くじ付き定期預金の場合

くじ券ではなく「くじの番号が記載されたはがき」が送られてきた場合、賞品カタログは定期預金口座名義人の住所へ送られてくる。そこに必要事項を記入して返送する。

3.公式サイトで購入した場合

宝くじは、支払開始日から1年が過ぎれば時効になってしまうため、この機会にもう一度当せん番号を確認すると共に、家族やご友人、知り合いにもこの事実を伝えて注意喚起を行って欲しい所存だ。

なお、当サイトで紹介している優良サイトでは、直近のデータや独自の予想方法で抽せん数字を予想しているサイトがあるので参考にしてみるのも楽しみの一つになるだろう。